不妊の鍼灸は、いつまでを目安に続けるものですか?妊娠するまででしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Baby9

基本的には、妊娠するまでですが、妊娠中にはいろいろと問題が起こります。

吐き気、めまい、つわり、腰痛、股関節痛、逆子などなど。

妊娠ライフを快適に過ごしていただくために妊娠してからの鍼灸治療やマタニティ整体をお勧めしています。

また産後の骨盤矯正、産後の肥立ちの悪さ、育児の疲れやお子さんの夜泣き、食欲不振なども

不妊から妊娠・出産・育児までトータルで診させていただきたいと思っていますので、

不妊の鍼灸治療は、妊娠するまでですがその後のトラブルにも当院を活用していただければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA