蝶形骨と女性の不調の関係 鳴門市

前回の話で蝶形骨が頭にとって重要なものというのが分かりますね。

しかも蝶形骨のもっと大事なものとしてトルコ鞍というものがあります。

 


蝶形骨とホルモン

トルコ?

鞍??

って感じですよね(笑)

 

まあトルコって意味は分かりませんが、鞍っていうのは乗馬するときに乗る椅子のようなものですよね。

 

 

だから蝶形骨のこのトルコ鞍にも乗っているものがあります。

それは脳下垂体。

 

脳下垂体と言うのも聞きなれないと思いますが、脳下垂体の働きとしてはホルモンの分泌の働きがあります。

 

 

分泌するホルモンの種類も多くて脳下垂体を3つの部分で分けると

脳下垂体前葉からは

 

 

①副腎皮質刺激ホルモン

②甲状腺刺激ホルモン

③成長ホルモン

④プロラクチン

⑤黄体形成ホルモン

⑥卵胞刺激ホルモン

 

脳下垂体中葉からは

⑦メラニン細胞刺激ホルモン

脳下垂体後葉からは

⑧抗利尿ホルモン

⑨オキシトシン

などです。

 


女性と蝶形骨

まず①副腎皮質刺激ホルモンで分泌が促進される副腎皮質ホルモンは免疫やストレス、炎症に関係します。

仕事のストレスや対人のストレスなどでお肌が荒れるということがありますよね。

そのストレスを緩和させたり、炎症を抑える働きがあります。

女性のお肌に大切なホルモンになります。

 

 

②甲状腺刺激ホルモンは基礎代謝に関係します。

正常な範囲でホルモンの分泌があがると基礎代謝があがり、太りにくい体質になります。

嬉しいですよね(^^♪

ただし分泌に異常が起こると甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症となって身体の機能がおかしくなります。

③成長ホルモンに関してももう身長が伸びないから関係ないと思われるかもしれませんが、代謝にも関係していますので、美容やアンチエイジングにも関係しています。

美容関係で成長ホルモンの注射などもありますので、美を意識する女性には欠かせないホルモンですね。

また④プロラクチンは出産後の乳汁の分泌に必要なホルモンになります。

⑤黄体形成ホルモン

⑥卵胞刺激ホルモン

というホルモンは妊娠に重要なホルモンです。

⑦メラニン細胞刺激ホルモンのメラニンは女性のお肌に大敵の紫外線による細胞の損傷を防ぐ機能を有する。

⑨オキシトシンは「幸せホルモン」「愛情ホルモン」と呼ばれるほどストレスを緩和させる作用があります。

好きと言えない日本人男性が多いために日本人女性はこのオキシトシンの分泌が少ないと言われています。

僕はちゃんと奥さんに言っていますよ(#^.^#)

みなさんもちゃんと言ってくださいね。


 

このように女性の身体とも非常に関係のある蝶形骨ですが、例えば傾いてしまったり蝶形骨が緊張して硬くなってしまうと上に乗っている脳下垂体の働きが悪くなってしまいます。

 

女性の方で不調が続くという方は、この蝶形骨に注目するのもいいかもしれません。

調整の仕方は、前回の記事の耳ひっぱりワークをお試しください。

 

鳴門市 整体ならくろーばーはりきゅう整骨院へご相談ください。

JR鳴門駅徒歩8分 徳島銀行すぐとなり

くろーばーはりきゅう整骨院です(^^)

 

 

鳴門市 蝶形骨を使って身体の疲れを取るセルフケア

最後にセルフケアを載せています。

簡単にできますので参考にしてください。

 

当院ではクラニアルという頭蓋骨を矯正する手技を使っているのですが、その頭の骨の中で蝶形骨という蝶々に形が似た骨があります。

 

 

この蝶形骨と言うのがとても大事なんです。

 

 

 

この動画でも分かると思うのですが、頭の中心に鎮座しています。

 

 

頭の骨と言うのは蝶形骨も合わせて23個の骨でできています。

その中で14個の骨と接しています。

蝶形骨を除いた22個の骨のうち、半分以上の14個の骨と接触しているんです。

なのでこの蝶形骨を調整するだけで頭の調整が済んでしまうことがあります。

 

 

反対にこの蝶形骨の動きが悪くなった時に、いろんな部分に影響を与えてしまう可能性もある大変重要な骨になります。

 

接している骨は

前頭骨1個

側頭骨2個

頬骨2個

口蓋骨2個

後頭骨1個

頭頂骨2個

篩骨1個

鋤骨1個

上顎骨2個

の14個です

 

頭蓋骨のほぼ主要な骨は網羅しております。

これだけ重要な骨の説明はまた今度にして今回は自宅で出来るセルフケアをお教えしたいと思います。

参考にしたのはこの本です。

 

耳ひっぱり

『1日1分であらゆる疲れがとれる耳ひっぱり』

著者 藤本靖

 

こちらの本がとても理にかなっていましたので、参考にして本中に載っている耳ひっぱりワークを説明しますね。

簡単に説明しますので、詳しくは本を買っていただくか、動画を見てください。

動画はまた時間があるときに作成しますので、チェックしてくださいね。

 

この耳ひっぱりワークは単純に耳を引っ張るだけです。

それも軽く。

真横ではなく少し後ろの方向にですね。

耳を3ミリ頭から引き離すようにです。

だから本当に軽くですね。

 

 

 

耳は側頭骨と言う頭蓋骨の真横の骨にくっついています。

この側頭骨を横に引っ張ることによって蝶形骨がいる空間が広くなり、蝶形骨がニュートラルになります。

蝶形骨の上には脳みそが乗っかっています。

この蝶形骨が傾いていたり、カチカチに固まっていると脳の居心地が悪くて正常に働いてくれないんですね。

 

この『耳ひっぱりワーク』はその蝶形骨の位置を耳を引っ張ることでニュートラルにして、脳のストレスを無くし十分に働ける環境を作ることができるセルフケアになります。

 

脳がしっかりと働くことで疲れにくい身体になりますし、身体の硬さが取れる場合もあります。

どこででも出来るセルフケアなのでぜひ活用してください。

 

鳴門駅から徒歩8分

徳島銀行鳴門支店すぐとなり

くろーばーはりきゅう整骨院です。

 

 

鳴門市 歩行困難な足首のねんざ 小学4年生の女の子

 

学校の体育の授業で足首(アキレス腱付着部の辺り)を痛めた小学4年生の女の子の施術です。

 

踵をついて歩けません。

一番重症なのは足を着けないほどの痛みです。

次に重症な症状がこの踵を着けない状態になります。

 

症状的には重いと思いました。

まずは整体で治療を行いました。

この整体治療で踵を着いて歩けるようになりました。

 

水素灸・電気治療・ホットパック・針治療を行い1日目の治療は終了です。

1日目の治療である程度歩けるようになりました。

 

2日目は最初から痛いのが分からないくらいの歩き方になっています。

同じ治療を行いあまり痛みがないくらいになりました。

 

3日続けてきてもらい痛みの確認をしてもらいましたが、少し痛いのが気になるくらいで歩くのには問題ありません。

痛みが無くなったので治療を終了しました。

クラブ活動もできたようで、その後来院もありませんでした(^^)

 

足首の捻挫の痛みにも対応しています。

捻挫でお困りの際には鳴門市のくろーばーはりきゅう整骨院へご相談ください。

 

足の裏が痛い患者さん 鳴門市

最初ぎっくり腰で来られた患者さん。

2回ほどで腰の痛みも楽になり、しっかりと治すためにそのまま治療を継続されています。

 

今日来られた時に太ももからふくらはぎ、足の裏まで痛いと言います。

足が痛いというのは聞いたことがあるけど、足の裏まで痛いというのは初耳だな。

と思いながらどんな時に痛くなるか聞いてみました。

 

最近はお遍路さんを回り、お寺を回るのに石段とか坂道を上るのに距離を歩くから痛いと言われます。

それって…

 

歩く距離が長いから足の裏が痛いんじゃないですか?

と聞くと

息子さんにもそう言われたと言います。

 

説明としては毎日5キロ走っている人でもフルマラソンを走ると足が痛くなるのと一緒ですよ。

その距離(石段や坂道)を歩く筋肉がないからですよ。

と説明しておきました。

 

原因も聞かず治療をしてるとこの場合は治りませんので、あそこに行っても治らないと悪い評判が立ってしまいます。

ちゃんと聞いて説明をしておけば納得してくれます。

 

昔、ぎっくり腰の患者さんで一回治療をしてスゴイ良くなったと喜んで治すために毎日来てくださった患者さんがいましたが、

なかなか治らないので今の痛みは最初と比べてどれくらいになっていますか?

っと聞くと全然変わらん という人がいました。

 

よくよく聞いてみると筋トレを毎日していました。

まあ当然傷に塩を刷り込むような行為なので治らないですよね。

僕ら治療家には当たり前のことでも患者さんからしたら当たり前じゃないことはたくさんあります。

 

ある方はひどいぎっくり腰で4回の治療で治療後は痛みがなくなったのですが、

1か月後に来られた時に全然変わらんと言われました。

 

聞いてみると前回の治療の4日後からまた痛み出したと…

それってまた新たに痛めたんじゃないですかね(゚Д゚;)?

 

ちゃんと聞いてみる、ちゃんと説明することの大切さを知ることができました(^^)

 

鳴門市のくろーばーはりきゅう整骨院でした。

肩こりとは 鳴門市の整体

こんにちは、鳴門市のくろーばーはりきゅう整骨院の鎌倉です。

いきなりですが、

肩こりに悩まされている方は、すごく多いですよね。

そのため、あまり深く考えずにその症状を放置する方も多いのではないでしょうか。

腕が上がらない

しかし、あまりにも肩こりの症状が毎日続くようなら、早めに対処するべきです。

なぜなら、あなたが感じているその肩こりが、実は大きな病気の放散痛である可能性も疑われるからです。

 

【肩こりとは】

多くの方が抱える肩こりの主な原因は、血行不良です。

同じ動作を長時間続ける、筋肉が緊張する環境におかれている、体が冷えている、老廃物を排出できず体内にとどまっている、ストレスを感じている、など、さまざまな原因が考えられますが、血行不良が改善できれば肩こりの症状もだいぶよくなります。

これが一般的に言われる肩こりで、整体やマッサージを受けると1回の施術で改善できます。

またセルフマッサージや緊張をほぐす、ストレスを解消する、体を温める、入浴する、体を休ませる、といった方法でも、症状はだいぶ治まります。

一方、夜も眠れないような肩こりを感じる、我慢できない痛みが続いている、手足がしびれている、頭痛もひどく感じる、吐き気を感じる、という場合やすみやかに病院で詳しい検査を受けるようにしてください。

 

【こんな症状には気をつけて】

具体的にどのような症状の肩こりが危険なのかを紹介します。

■手足のしびれ

・手足がじんじん、じんわりしびれる

・ある方向に首を動かすと痛みが発生する

等、肩こり以外に手足にしびれや違和感を感じる場合は、

脳梗塞や脳出血など、脳の異常を疑いましょう。

 手のしびれ

その他、むち打ち症や頚椎椎間板ヘルニアなどの場合もこのような症状が現れるので、お近くの接骨院で詳しく調べてもらうようにしてください。

ちなみに頚椎椎間板ヘルニアと診断されても、すぐに手術などをする必要がない場合もあります。

逆に手術をしても症状がよくならない、痛みが軽減しない、という場合など一度接骨院で相談することで、症状が回復へと向かう事もありますので、諦めずに、一度気軽に相談してみるといいでしょう。

 

■頭痛、めまい、吐き気

肩こと同時に頭痛やめまい、吐き気を感じる場合は、クモ膜下出血などの脳血管障害が疑われます。

その他、三半規管に異常をきたすとひどい肩こりと同時に激しいめまいも現れます。

いずれの場合も早急に検査が必要です。

【血行促進が原因の肩こり改善法】

明らかに血行不良による肩こりが原因の場合は、次の方法を試してください。

本来なら整体等での施術が望ましいのですが、すぐに通えない方にはおススメです。

■ツボ指圧

髪の毛の生え際の首周辺に天柱(てんちゅう)、その内側に風池(ふうち)、肩の付け根側周辺に肩井(けんい)、さらに背中側に曲垣(きょくえん)、等肩こり改善に最適なツボが点在しています。

ツボは、オフィスや自宅、外出先などいつでも取り入れることができるので、場所を覚えておくと大変便利です。

押し方は、3秒押して3秒離すを繰り返すだけです。

痛いけど、気持ちいい程度の圧がおススメ。

■姿勢を改善する

血行不良を引き起こすのは、姿勢の悪さです。

例えば、長時間のデスクワークの際猫背になっていたりしていませんか?

またテレビを見る際に頬杖をついたり、足を組んだりしている場合は、姿勢の悪さから筋肉が凝り固まり、血液の流れを悪くします。

 

姿勢の悪さは、放置する時間が長くなると、固定されてしまうので加齢と共にさらに肩こり悪化に繋がります。

 

姿勢改善のためには、定期的に接骨院でメンテナンスをうけるのがベストな方法ですが、通うのが難しい場合は、意識的に姿勢を矯正するよう心がけましょう。