【楽トレ】は風邪予防にも効果がある!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近温かくなってきたのですが、体調不良で予約をキャンセルする方が増えてきています。

今日も2件ありました。

温かくなったとおもったら急に冷え込んだりと3月4月は温度の変化が大きいです。

油断をすると風邪をひいてしまいます。

でも努力をすることで風邪を引きにくくする方法があるんですね。

それは…

 

 


風邪を引きにくくする方法

風邪を引きにくくする方法、それは筋肉量を増やすことです。

なぜ筋肉量を増やすと風邪を引きにくくなるのか?

筋肉量を増やすと体温が上がります。

ボディービルダーみたいな人は寒い冬でもTシャツ1枚で歩いているのを見たことないですか?

身体の体温を発生させるのは筋肉です。

寒いときは身体が震えますよね。

あれは筋肉を小刻みに動かして体温をあげようとする生理現象なんですね。

だから筋肉が多い人は

体温が高いのです。

そして体温が高い人は免疫力が高いのです。

 


 

体温が高い人は免疫力が高い!!

最近の調査では体温が低い小学生が多いそうです。

昔に比べて運動量が少なくなったからですね。

遊ぶところがないし、勉強を強いられるので仕方がないですけどね。

女の人では冷え性の方が多いですね。

冷え性を治してと言われて来院される方も多くいますが、基本的には運動と食事が大事になります。

運動と食事を気をつけないといくら身体の機能を上げる施術をしても体温を発生させることができないので結局は『○○は効かない』などと他人のせいにするのです。

 


 体温が1℃上がると…

筋肉を付けることで今より体温を上げることができます。

最近では普段の体温が35℃台という低体温の方が多くいるそうですが、

50年前の日本人の平均体温は36.89℃ということになっています。

低体温の方は平均体温と1℃以上の差があるということですね

例えば体温が今の体温より1℃下がれば

①免疫力が37%低下

②基礎代謝が17%低下

③体内酵素の働きが50%低下

④がん細胞が増殖

します。

反対に今よりも1℃体重が免疫力が5~6倍になります。

がん細胞の増殖を抑えます。(39,3℃で死滅する。)

この事実を知ってなお体温を下げてまま放っておきますか?

 


体温を上げる方法

体温は上げたほうが良いということが分かっていただけたと思います。

体温を上げるには

①しょうがを食べるより

②唐辛子を食べるより

③サウナに入るより

④温泉に入るよりも

運動が効率的で経済的にもお金がかかりません。

しょうがや唐辛子を食べたとしても一時的ですし、汗をかくことで反対に冷える場合もあります。

サウナや温泉は身体の芯から温まりますが、一時的で継続的ではありません。

運動をすることによって体温が上がります。

また運動することによって筋肉の量が増えて体温の生産量が増えます。

筋肉を増やすことによって継続的に体温を上げることができます。

運動って大事でしょ?

運動しましょう。

 


 運動する時間がありません

仕事が終わるのが夜遅かったり、女の人なら夜は運動をしに外に行くことができないでしょう。

朝早く起きるものなかなか難しい。

運動する時間が取れない。

痛みで運動ができない。

運動が嫌い。

という方は【楽トレ】をお試し下さい。

【楽トレ】は寝てるだけでOK。

30分で筋収縮運動9,000回。

週2回で3ヶ月続けると216,000回の筋収縮が可能です。

体温も上がり免疫力も上がります。

【楽トレ】は短時間で高い効果が期待できます。

【楽トレ】を試したい方はご連絡ください。

初回お試し半額 3,240円 ⇒ 1,620円で試せます。

【楽トレ】するなら鳴門では…

いやいや徳島では…

いえいえ、四国初導入のくろーばーはりきゅう整骨院へご相談ください。
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA