鳴門市の坐骨神経痛の患者さん【普通の日常生活を取り戻すことができました。】

このエントリーをはてなブックマークに追加

日常の生活もままならない状態の坐骨神経痛で困っていた鳴門市の50代男性から患者さんの声をいただきました。

【鍼灸治療のおかげでなんとか普通に歩いてねむれるという日常を取り戻すことができました。】

※お客様の声は個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります

以下感想です。

初めての坐骨神経痛で初めての鍼灸治療を受けました。これまでにもぎっくり腰でマッサージやカイロのお世話になったことはありました。

しかし今回は、なにしろ職場の中を歩く時でさえ、数歩歩けば激痛のために動けなくなり

携帯電話を見る振りをしては立ち止まって休み、夜は布団の中で仰向けにもうつ伏せにもなれず、もちろん寝返りなど出来るはずもなく、睡眠不足になっていました。

そんな状況での鍼灸治療でした。当然最初は不安でインターネットで調べられるだけ調べ、しかしあまりの激痛に耐えかねてお願いすることになりました。

「針は痛くない」と、以前本で読んだことはあったのですが、やはり最初の不安はかなり大きなものでした。

針が刺さる時には、確かに決して注射のような痛みはなく、僅かながらの痛みも、慣れてしまえば気になるようなものではありませんでした。

むしろ体の中に入った針が体の奥で何とも言えない、「おっ、針が仕事をしているぞ」とでも言うような感じを」与えていたのが新しい経験でした。

この新しい経験のおかげで、なんとか普通に歩いて眠れるという日常を取り戻すことができました。

※得られる結果には個人差があります

この方の腰痛【坐骨神経痛】はひどいものでした。

 

 

仰向きで寝れないので普通に夜に眠ることが出来ない

歩いていても3分くらいでしびれが出て立ち止まらないと再び歩くことが出来ないほどでした。

 

6回ほどの鍼灸治療で改善しました。

この方の腰痛【坐骨神経痛】は大腰筋・中殿筋の異常から起こるものだったので、大腰筋・中殿筋を狙って治療を行いました。

 

鍼を刺す時にチクッとしますが、たしかな効果がでます。

腰痛やぎっくり腰、坐骨神経痛でお困りの方はくろーば-はりきゅう整骨院までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA