リウマチとクラニアル(頭蓋骨矯正)【症例】

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めて来られた時は息子さんの治療についてきているだけでした。

私もついでにと初めて治療を受けられたときは、リウマチのために腕が水平までも上がらなかった40歳代の女性の患者さん。

初診以降も来られていましたが、僕が担当することもなく何回かスタッフの白石が治療に当たっていました。

久しぶりにこの患者さんの治療にあたったのは、6回目の治療でした。

骨盤調整などで腕は初診の時よりも上がるようになっていました。

それでも水平よりも少し上がるくらい。

justice-3612_640

だいたいこんな感じです(笑)

まだまだ自由に服が来やすいというレベルではなかったです。

いつものように骨盤矯正から施術していきましたが、少し上がるようになっただけで満足できるものではありません。

それでも以前よりも楽になっているようなので患者さんは納得されています。

これくらいでは納得いかない僕は今までとは違うアプローチ方法で施術を行うことにしました。

クラニアル(頭蓋骨矯正)をまず試してみることに。

最近はクラニアルを習った状態からDVDで復習してさらに理解を深めた状態になっています。

結果…

 

リウマチの水平くらいまでしか上がらなかった患者さんの手が耳に着くまでの状態に(*゚Д゚)

Awa-odori_2008_Tokushima_04

※画像はこの投稿にまったく関係ございません。Googleから拾ってきました<(_ _)>

クラニアル、すげー(@@;)

右手はまだ耳に着くまでには至りませんでしたが、頭を触って身体が劇的に変わりました。

リウマチの関節が固まってると思われてる方にも効果が出せます♪

最近は鍼灸治療でも合わせて行っていますし、整体でも合わせて使っています。

これで治療効果があがっています。

お金をかけて習った甲斐がありました。

この勢いで娘のアトピーも治していきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA