鳴門市 しびれ・だるさが無くなり楽になりました。【患者さんの声|肩のしびれ・痛み】

このエントリーをはてなブックマークに追加

P1090862

座っていても寝てても左腕がだるくなってしまう鳴門市在住の60代の患者さんから鍼灸治療の感想をいただきました。

しびれ・だるさが無くなり楽になりました。

以下感想になります。

 

P1090863

 

寝ていて夜中にうずいて目がさめ、手の甲、腕がしびれて

ねれなくなり、ハリ・おきゅうを受けて(4・5回)

しびれ、だるさも無くなり良くなった。

 

スタッフ白石と僕と共同で4回の治療で良くなりました。

この患者さんはゴルフが好きなのですが、来院された当初はじっとしていても腕がだるくなり、夜寝る時も上向きで寝ると左肩がうずいて夜中に目が覚め腕がしびれ、手の甲がしびれるようになり当院に来られました。

 

僕の見立てでは、悪いところは三角筋と斜角筋です。

三角筋はちょうど肩のところにある筋肉です。

腕を前から横から後ろから持ち上げるときに使う筋肉です。

ここがカチカチになっていました。

 

斜角筋は鎖骨の後ろ、首との間にある筋肉です。

この斜角筋が硬くなっている人で、上向きで寝ると腕がしびれてくるという人は多いです。

この三角筋と斜角筋がカチカチになっていたので超浅刺という手技を使ってそれらの筋肉を緩めました。

 

超浅刺は鍼を刺さずに鍼を行うことです。

知らない人が聞いたら、えってなると思いますが鍼は刺さなくても効果が有ります。

今回はこの鍼を刺さずに行う超浅刺が効きました。

これなら鍼が怖い人でも、苦手な人でも痛くないので安心して受けられます。

最近はこの手技を多用しています。

鍼を刺さずに効果が有ればこんなにいいものはないですね。

 

効果のある鍼灸治療なら鳴門市のくろーばーはりきゅう整骨院へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA