かん虫の治療【小児はり】徳島県鳴門市 くろーばーはりきゅう整骨院

このエントリーをはてなブックマークに追加
お子さんのこんな症状で悩んでいませんか?

赤ちゃんの泣き顔

お子さんのこんな症状で悩んでいませんか?

check 夜泣き

check 寝つきが悪い

check キーキー言う

check 怒りっぽい

check 咬みつく

check 頭をぶつける

check 食欲がない

check 便秘・下痢

check 乳吐き

 

これらの症状は疳(かん)のむしと呼ばれています。

疳のむし症状は小児はりで改善します。

治療回数の目安は「3回~5回続けて受けて、3週間あける」

これを数回繰り返していくうちに徐々に効果がでてきます。

症状が落ち着いても発育にともなって再び疳のむし症状は出てきます。

1~2カ月に一度3日続けて小児はりを行うことによって健康で風邪をひきにくい身体になってきます。

疳のむし症状のサイン

check 白目が青い

check 眉間やこめかみに青筋がある

check 目を開けて寝る

check 髪の毛が逆立っている

check 頭をぶつける

check 寝つきが悪い

check 表情がこわばっている

check おへその周りがただれる

 

こんな笑顔ならみんな幸せになれますね。
赤ちゃんの笑顔

当院で小児はりを受けられた患者さんのママさんのご感想です。

  鳴門市大津町在住 2児の母の吉●様のご感想
negao1

【お母さんのコメント】

今日2号の股関節の調子が気になったので整形に行こうと行ってみましたが、先生が不在になり時間がかかりそうだったので、鳴門★図書館付近★くろーばーはりきゅう整骨院へ行って来ました。とうちゃんのお友達の鎌倉先生に見ていただき股関節に関しては大丈夫だという結果をいただきました。その後『おでこが青いけど寝てないんかな?』と言われて確かに2号は眠らない赤ちゃんです!そこで小児鍼を施してもらうと、なんと、、、只今夢の中へ~

 

徳島県鍼灸師会の活動の『家庭でできるツボ健康法』の普及に積極的に参加しています。

下の写真は徳島の子育て支援『おぎゃっと21』に参加した時の写真です。

おぎゃっと21参加画像

 

関連記事

かん虫の治療

食欲不振 乳吐きの治療

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA