【めまいの症例】を経絡治療学会徳島部会の会長が解説

今回の本は『灸療閑話』という本から症例を解説していきます。

灸療閑話 第1巻 福島哲也著 P12

福島哲也先生は深谷灸の入江靖二先生の患者さんで灸の素晴らしさに触れ、鍼灸師になられた深谷灸を継承されている先生です。

 


 

めまい灸の実際

Oさん、75歳、女性

「3日前にインフルエンザの注射をしたら、その日の晩からめまいが出て、フワフワして起き上がれなくなっちゃったの」とのこと。

 

「病院に入ったの?」と尋ねると、

 

「前の先生(Oさん宅と道路を挟んで真向かいにかかりつけの内科クリニックがある)に診てもらったら、

注射の後にこうなる人もたまにいるんだって。めまいの薬を飲んでるんだけど、治りゃしないわ」と愚痴をこぼしながら、

「今日で寝たきり老人3日もやってるのよ!ヤダねぇ~」と状況を説明してくれた。

 

まずは望診:印堂あたりが白っぽい。口唇が乾燥。やや紫暗色。

脈:やや遅、沈で弱い。

腹診:腹部全体に緊張あり。

手足が冷たい(特に各指)。

 


 

印堂あたりが白っぽい。

前額部辺りは陽明経の支配部位なので陽明経の陽気が少なくなって冷えていると考えられる。

 

口唇が乾燥。やや紫暗色。

口唇が乾燥している場合や口渇がある場合は、水を飲むかどうかを聞く必要がある。

口が渇いて水をよく飲む場合であれば、胸に熱が多くなっている。

口が渇いても水をあまり飲まなく潤す程度でよい場合は体は冷えている。

また冷たい飲み物がよいか、温かい飲み物がよいかも聞いておくとよい。

 

口唇が紫暗色というのは、お血により血液の流れが悪くなっているときに見られる色である。

 

脈:やや遅、沈で弱い。

遅で弱の場合は、冷えと水の停滞があることを現す。

沈は陽気が少なくなっているか、表面に余分な水分がある場合に現れる脈。

 

腹診:腹部全体に緊張あり。

これについては後で説明する。

 

手足が冷たい(特に各指)。

四肢厥冷は脾臓が弱ったとき特有の症状である。

 


考察

まずは脈の遅沈弱から陽気が不足していることがうかがえる。

それも印堂あたりの白っぽさから陽明経の陽気が不足してしまっている。

陽明経の陽気が不足しているということは、どこかの臓が弱ってしまっているということだが、もっとも考えられるのが陽明胃経の裏である脾臓である。

 

四肢厥冷があることから、脾臓が弱っていることが分かる。

 

最初はインフルエンザの注射をしたということだが、もともと脾臓の精気が不足しており、注射という強い刺激を与えたせいで陽気が飛んで少なくなってしまった。

もともと元気ならそれくらいはどうってことないのだが、何らかの理由で脾臓の元気が弱くなっていたために、その飛んでしまった陽気を回復させる体力がない。

 

治療をして後でしんどくなるとか、悪くなったとかいう人はもともと何らかの理由でどこかが弱っているのである。

気を付けなくてはならない。

 

で表裏関係で密接な脾臓の表である胃の経絡の陽明経の陽気が飛んでしまい回復できない。

 

頭をめぐる陽明経の陽気が不足してしまったためにめまいを起こしたと考えられる。

 

口唇が乾燥しているが中は冷えているためにあまり水は欲しがらないと考えられる。

口唇がやや紫暗色というのは全体的に考えて関連がないのでここでは無視する。

また腹診に関しても脾虚で中脘の抵抗があったものと考えられる。

胃が冷えているので胃の周りにめぐらない水(痰飲)が停滞していると考えられ、そのためにみぞおちの部分にも抵抗が出きて広い範囲に抵抗があったと考えられる。

 

治療としては福島先生は、内関に金のテイ鍼、三陰交のテイ鍼、霊台に多壮灸、中央厲兌に灸右5壮、左3壮の一回で治している。

内関は命門の火を増やして胃を働かせるため、三陰交は脾経を補って弱った脾臓の働きを上げるため、霊台は心臓に関係するために反応が出たと考えられる。

厲兌は陽明胃経で金穴であり陽明経の陽気をめぐらすために使用したと考えられる。

また厲兌はめまいの特効穴としても知られるが、脾虚のめまいの時でないと効果はないだろう。

 

経絡治療を勉強したいなら徳島部会が最適です。

ご連絡はこちらまで。

http://keiraku-toku.wix.com/home

 

めまいの鍼灸治療を受けるなら当院へご相談ください。

鍼灸なら鳴門市のくろーばーはりきゅう整骨院へ。

 

砂糖の害2【カルシウム欠乏症その2】

コーラーで骨が溶けるって聞いたことがありますか?

あれはウソだと思いますか?本当だと思いますか?

前回の記事を見てくれた方は分かりますよね。

砂糖の害1【カルシウム欠乏症その1】

砂糖の害2【カルシウム欠乏症その2】

砂糖の害3【砂糖は麻薬】

砂糖の害4【免疫力の低下】


 

コーラーを飲むと骨が溶けるのか?

20130211_cocacola

コーラーには大量の砂糖が入っています。

砂糖を取ると体内で代謝するためにカルシウムや鉄分などのミネラルやビタミンC、Bなどが体外に排出されます。

また添加物リン酸塩も入っており、これは加工食品にも多用されます。

リン酸は体内に入ると容易にカルシウムと結合し、リン酸カルシウムになって体外へ排出されます。

そのためジュースやお菓子、加工食品を食べると体内のカルシウムが体外に排出されてしまいます。

体内のカルシウムが減ると濃度を上げようとして骨のカルシウムを溶かしてしまいます。

これがコーラを飲むと骨が溶けると言われる理由です。

他のジュースやお菓子などでも同じなので気を付けてくださいね。

 

カルシウム不足の影響は前回の記事で挙げた骨粗鬆症や変形性関節症などの骨だけにとどまりません。

動脈硬化や高血圧は塩分の取り過ぎが挙げられますが、カルシウム不足でも起こります。

※塩分の取り過ぎが高血圧を引き起こすという考えには納得がいきませんが、これはまたの機会に。

カルシウム不足が起こると骨から血液にカルシウムが流れ出し血液中のカルシウムが増えすぎて余ってしまいます。

身体のカルシウムが不足しているのにある所には余っている状態をカルシウム・パラドックスというのは前回の記事でお話ししました。

前回の記事を見ていない方はこちら

これによりカルシウムが血管内に付着し、石灰化してしまい動脈硬化を起こします。

また血管の内側に石灰化したカルシウムが付着し血管の内側が細くなるので、心臓が全身に血液を送るのに強い力で送らなければならないので血圧が上がり高血圧になります。

カルシウム不足は動脈硬化や高血圧といった循環器にも影響を与えます。

 


 

カルシウムは天然の精神安定剤と呼ばれています。

そのカルシウムが不足すると精神異常が起こり意味もないのにイライラします。

カルシウムは神経の伝達物質としての働きがあります。

カルシウムが不足すると筋肉や神経の異常興奮が起こりイライラするようになります。

 

筋肉の異常興奮が起こった場合は肩こりになります。

肩こりだけではなく全身の筋肉が硬くなります。

昔、肩こりが治らないという患者さんに

 

僕 『甘いものを止めたら治りますよ(^^♪』

患 『止めれませんヽ(`Д´#)ノ』

僕 『(;゚Д゚)え~¡?』

 

ってキレられたことがあります(笑)

その後2度と来てませんね(-_-;)

 

また脳は神経細胞の塊です。

脳への影響として出ているのがイライラ・神経過敏・めまいです。

昔、患者さんでめまいを主訴として来られた患者さんがいました。

行動するにも吐きそうで仰向きに寝ても常に袋を持っていました。

めまいでまともに歩けないほどです。

これがもう2週間も続いていました。

こんな風になるのも何回目かだったそうです。

結局1回治療して来られなくなりましたが、あれも砂糖の過食からくるカルシウム不足だったのでしょう。

あそこまでひどいめまいは初めて見ました。

 

また脳への影響としてもう一つ現れるのが痴呆症です。

brain-153550_640

最近 痴呆症が多くなっていますが、これは長寿が原因ではありません。

やはり神経細胞である脳への影響です。

高年齢の方だけでなく若い人でもこの傾向が見られます。

ほわーっとしている人、いますよね。

慣れれば分かりますが、ほわーっとしている人は砂糖を過食しています。

これは女の人に多いですが男の人にもあります。

メルヘンチックな女の子や天然の子はこんな感じですね。

これも脳の神経細胞に影響を与えて反応が鈍い、または周りの空気が読めてないんですね。

砂糖の過食によるカルシウム不足は性格にも影響を与えます。

 

さらにひどくなると低カルシウム血症という症状になります。

脳などの中枢神経系への影響から手足のしびれや錯乱、意識混濁、けいれん、低血圧症、不整脈などが起こります。

また、手指が自由に動かせなくなるテタニー発作を起こす場合もあります。

こんな症状が砂糖で起こるんですよ。

ほどほどにしておいてくださいね。


 

妊婦さんの砂糖の過食にはこんな害があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無脳症。

聞いたことがあるでしょうか?

初めから脳がない赤ん坊が生まれる妊娠異常です。

妊婦さんが砂糖を過食すると、この無脳症の出産確率が高くなるそうです。

これも神経伝達物質であるカルシウム不足による脳の障害です。

こういうこともあって当院に不妊治療に来られる患者さんには、まず砂糖を控えてもらうようにお話しします。

母親の身体の環境が悪いと障害のある赤ちゃんが生まれてくる確率が高くなりますからね。

気を付けて欲しいです。

 

ここまでで砂糖の怖さが分かっていただけたでしょうか?

まだまだありますので次回も楽しみにしてくださいね。

 

砂糖の害1【カルシウム欠乏症その1】

砂糖の害2【カルシウム欠乏症その2】

砂糖の害3【砂糖は麻薬】

砂糖の害4【免疫力の低下】