娘のアトピー性皮膚炎その後

初めの治療から少し時間がたちました。

あのあと娘が風邪をひいてしまったのとお正月は寒かったのでなかなか身体の写真が取れませんでしたが

今の状態は最悪です…

娘が風邪をひいてしまったのとお正月が外食が多かったので肌の状態は最悪になっています。

以前から治療をし始めると肌の状態が悪化してしまうのでその都度やめてしまってました。

止めればまた元の状態で悪くもなく良くもない状態に戻っていました。

良いように言えば治療によって身体の中の毒素が外に出ようとしている。

悪いように言えば僕の腕がボンクラで悪くなっている。

今回は続けて行いましたが、たぶん腕が悪いのと外食が多いので悪化しています。

P1090886 (800x600)

顔も全体的に荒れています。

こんなにひどいのは初めてです。

ほっぺたとあごが特にひどいです。

P1090898 (800x600)

お腹も荒れて掻き傷がたくさんあります。

指もひどく汁が出るまでになっています。

P1090895 (800x600)

背中は手が届かないところなので荒れることはなかったのですが全体的に荒れています。

P1090891 (800x600)

P1090893 (800x600)

足も汁が出ています。

足は良く掻いてしまいますのでひどいのですが、今回は本当にひどくなっています。

寒いので服を脱がして撮影するのが難しく一部だけになりますが今までで一番ひどい状態と言っても過言ではありません。

これが1月7日の状態です。

ここまでの状態になると夜中に痒さで起きてしまいます。

抱っこしてあげると寝ながら痒い手を僕の服にこすりつけてきます。

こんな状態を見ると涙が出てきます。

なんとかして治してあげようと思うのですが僕の力不足です。

と悩んでいるとアトピー性皮膚炎の症状の施術資料が送られてきました。

KIMG1637

この通りに治療してみました。

ステロイドも塗りましたが、9日の朝は久しぶりに良く寝ていました。

お昼くらいまで寝ていましたから痒さがマシだったんでしょう。

親としてはホッとしています。

この資料をもとに治療すると良さそうです。

これから頑張っていきます。

頭痛とクラニアル(頭蓋骨矯正)【症例】

『先生、こないだ何したん?』

こんな会話から始まりました。

ドキッとしました(゚Д゚;)

交通事故でもうすぐ3カ月になる60代の患者さんからの質問です。

事故後から首が横に向けずひどい状態でした。

頭痛がひどく首の動きが改善されても右後頭部の頭痛が全く取れない患者さんでした。

その患者さんから『先生、こないだ何したん?』

こんな質問をいただきました。

僕は臆病なせいか、変化があったときにマイナスのことを考えてしまいます。

この患者さんもすごく調子が悪くなったのではないのかと思ってしまいました。

すると、この患者さんは…

『この間(施術)してもらってから頭痛が全く出んかった。

次の日の朝も頭痛がなかった。

雲のないすっきり晴れた天気のようだった(^^♪』

ということをおっしゃっていました。

 

前回の施術で行ったこと。

それはクラニアル(頭蓋骨矯正)をプラスしただけ。

このクラニアルが劇的に効いたそうです。

この方はあまり笑わない方だと思っていました。

それが頭痛のせいだと分かった瞬間でした。

特に後頭骨の矯正がこの方には良かったようです。

頭蓋骨の動きの悪い関節を動くように力を加えてあげると動きます。

これは弱すぎても強すぎてもだめです。

強い場合は人間は抵抗してしまいます。

そのために余計に動かなくなってしまいます。

まだまだ最適な力加減で出来ていないので時間がかかってしまいますが左右対称になるまで(イメージで)行うようにしていますので今のままでも効果が出てるんだと思います。

これからますますクラニアルの精度上げて

徳島で頭痛なら鳴門のくろーばーへ行ったらいいよ。

と言ってもらえるようにします。

リウマチとクラニアル(頭蓋骨矯正)【症例】

初めて来られた時は息子さんの治療についてきているだけでした。

私もついでにと初めて治療を受けられたときは、リウマチのために腕が水平までも上がらなかった40歳代の女性の患者さん。

初診以降も来られていましたが、僕が担当することもなく何回かスタッフの白石が治療に当たっていました。

久しぶりにこの患者さんの治療にあたったのは、6回目の治療でした。

骨盤調整などで腕は初診の時よりも上がるようになっていました。

それでも水平よりも少し上がるくらい。

justice-3612_640

だいたいこんな感じです(笑)

まだまだ自由に服が来やすいというレベルではなかったです。

いつものように骨盤矯正から施術していきましたが、少し上がるようになっただけで満足できるものではありません。

それでも以前よりも楽になっているようなので患者さんは納得されています。

これくらいでは納得いかない僕は今までとは違うアプローチ方法で施術を行うことにしました。

クラニアル(頭蓋骨矯正)をまず試してみることに。

最近はクラニアルを習った状態からDVDで復習してさらに理解を深めた状態になっています。

結果…

 

リウマチの水平くらいまでしか上がらなかった患者さんの手が耳に着くまでの状態に(*゚Д゚)

Awa-odori_2008_Tokushima_04

※画像はこの投稿にまったく関係ございません。Googleから拾ってきました<(_ _)>

クラニアル、すげー(@@;)

右手はまだ耳に着くまでには至りませんでしたが、頭を触って身体が劇的に変わりました。

リウマチの関節が固まってると思われてる方にも効果が出せます♪

最近は鍼灸治療でも合わせて行っていますし、整体でも合わせて使っています。

これで治療効果があがっています。

お金をかけて習った甲斐がありました。

この勢いで娘のアトピーも治していきたいです。