野球肘の考察 鳴門の整骨院

久しぶりのブログになりました。
最近は忙しくてブログを書きたいけど書けないという状態でしたが、久々にブログを書く時間ができましたので更新します。

今回は野球肘について書いてみます。

まず野球肘とは

野球少年の野球肘

野球少年の野球肘

野球肘(やきゅうひじ)は、野球の投球動作を積み重ねることにより起こる肘の痛みである。正式な医学的名称は、傷害の部位によって異なる。別名、リトルリーガー肘、リトルリーガーエルボー、ベースボール肘、ベースボールエルボーとも呼ばれる。一般に野球の投手に多く見られる。症状は投球の際に肘に激しい痛みを覚え、投球を困難にさせ、日常生活でも痛み、肘が曲がらない、伸ばせないなどの運動障害を起こす。一球で野球肘になることはなく、長期間に渡る、悪いフォームでの投球、過度の投球による肘の酷使によって起こる。そのため野球肘は怪我ではなく故障であるといえる。また類似のものとしてテニス肘がある。
10代前半で発症する例が多い。

参考:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E8%82%98

とまあ肘に長期の負担がかかってなります。
で治療としては肘を触るというのが普通の整形、整骨院における治療になっていますが、僕の施術は違います。

今までの経験からすると原因は肘にないということですね。
炎症が肘に起きてるので肘は痛いですけどね。

Wikipediaにも書いてあるように悪いフォームでの投球が最も多いと思っています。

人間は身体が疲れてくると姿勢が悪くなります。
疲れてる人って背中を丸くしてるイメージってないですか?

 

疲れで背中が丸くなる

疲れで背中が丸くなる

こんな感じですよね(笑)

この状態でボールを投げようとしても腕がいつものように動くはずないですよね。
いつもの元気な時のように腕が回らないのに同じように投げようとしたって投げれるはずはないし、当然 肘や肩に負担がかかりますよ。

この状態で投げても1球や2球投げたくらいで肘は痛くなりません。
でも100球、200球投げるとドンドン肘に負担がかかってきます。
この負担が積み重なると肘に炎症が起き、普段の生活でも支障が出て痛みが出てきます。

日常の肘の痛み

日常の肘の痛み

ここまでになってしまうとなかなか治せません。
肩回りの動きを良くしても肘の炎症を取らないと良くなってきません。

症例1
小学5年生の野球部員

ボールを投げる時に肘が痛むとお父さんに連れられて夏休みに来院。
身体をチェックすると右の肩甲骨、肩関節の動きが悪い。
左右差を比べると明らかに差がありました。
肘自体に圧痛はなく、肘の悪さも確認できませんでしたのですぐ治る肘の痛みでした。

お父さんに今の状態を目で見てもらい、さらに説明して治療。
骨盤の矯正で動きを良くしただけで、腕の動きが明らかに良くなりました。

練習をして疲れると身体の動きが悪くなるから、その状態で投げると肩が回らずに肘に負担がかかるんですよ~っと説明。

この肩周りの硬さを取っておくと肘に負担がかかりませんので、続けて来て下さいね~。

って優しく説明したんですが、様子を見てみますとその後来院されませんでした。

ちゃんと治してもらうように来院してもらう話術というのも必要ですね。
技術はしっかりと勉強してきていますので、あとは説明をしっかりとして体を治すお手伝いができたらと思います。

症例2

魚の養殖業30代男性

魚のエサやりで一日に何回も重たいエサを持ち、両肘に痛みが出た患者さんです。

この方の場合も身体の動きが悪く、肩回り、首回りが硬く、肩の動きが悪かったです。

日常生活にも支障が出て肘の曲げ伸ばしにも痛みが出ていました。

肘の内側に圧痛もありましたので、これは治るのに時間がかかる肘の痛みでした。

肩回り、首周りの硬さを取って肘に負担がかからないようにしましたが、肘の痛みは変わらずです。

まあ肘に炎症が起きているために圧痛が出ていますので、この場合は首肩回りを緩めても肘の痛みに変化は出ません。

こういうひどい状態の場合は全体的に身体を緩めて肘にかかる負担を減らしたうえで、痛み止めの注射や麻酔をしてもらい炎症を抑えると早く治ります。

炎症だけを抑えてもまた肘に負担がかかりますので、何度も注射をしないといけないという状態になりますので、身体のケアも同時に行うことをお勧めします。

 

野球肘でお困りなら鳴門市の整骨院【くろーばーはりきゅう整骨院】へご相談ください。

砂糖の害3【砂糖は麻薬】

いかに前回の記事で砂糖の怖さは分かっていただけたでしょうか?

今日はさらに怖い話をしていきます。

砂糖の害1【カルシウム欠乏症その1】

砂糖の害2【カルシウム欠乏症その2】

砂糖の害3【砂糖は麻薬】

砂糖の害4【免疫力の低下】

 

皆さんはお薬って薬局で買ってボリボリとおやつのように食べますか?

普通の人はしないですよね。

でも砂糖の入ったお菓子はポリポリと食べますよね。

実は昔、砂糖は薬剤としてお医者さんによって扱われていました。

 

以下参考文献です。

ウイリアム・ダフティはその本のなかで「精糖は元来薬剤として用いられたもので、昔のアラブ人やユダヤ人は細心の注意を払って処方薬にごく少量加えたにすぎなかったのです。精糖は、極度に疲れきっている人の体と脳を、即座に幻覚状態にまで180度変化させることができるようなもの、つまり脳を仰天させることができるのです」と述べています。

参考書籍 砂糖病―甘い麻薬の正体 ウイリアム・ダフティ

 

この現象ってあれに似ていませんか?

そう…麻薬です。

体と脳を幻覚状態にまで180度変化…

怖くないですか?

そんな砂糖をポリポリと食べているあなたは要注意です。

 


甘いものを食べると疲れが取れる?

甘いものを食べると疲れが取れるって言われてますよね。

それで疲れたからと言って甘いものを食べているあなた。

疲れたからと言って麻薬を摂取しますか?

違法かそうでないかの違いで同じことですよ。

しかも甘いもので疲れはとれません。

余計に疲れるだけです。

 

それではなぜ疲れると甘いものが欲しくなるのでしょうか?

ここがポイントpoint-40353_640

 

私たちは身体のエネルギーを使って生活しています。

生活している間にそのエネルギーを消費していきます。

エネルギーを消費しすぎると身体が疲れを感じます。

このエネルギーは何かというと肝臓に貯蔵してあるグリコーゲンのことです。

グリコーゲンはごはんや小麦などの炭水化物や砂糖などの糖質を食べて消化・分解してエネルギー源として肝臓に貯蔵されます。

身体が疲労するということは身体のエネルギーであるこのグリコーゲンが不足しているという状態です。

身体のグリコーゲンが不足しているので別の物でエネルギーを補給しようとします。

それが血液中にあるブドウ糖(血糖)です。

すると今度は脳の栄養であるブドウ糖が不足するので脳が糖分を欲するようになります。

そんな疲れた時に甘いものを食べると不足したブドウ糖が補給されるので疲れが取れた感じがします。

疲れたときに甘いものが欲しくなるのはこのためですね。

cake-102937_640

しかし しかし、この身体が疲労している状態の時に、砂糖をとるとさらに疲れてしまいます。

甘いものを食べて疲れが取れた感じがするのは一時的なんですね。

糖質を食べると血糖値が上がりその上がった血糖値を下げるために膵臓からインシュリンが分泌されます。

これは身体の反応なので問題ありませんが、問題なのは精製された糖。

精製された糖(砂糖)が多く含まれている甘いものは、急激に血糖値を上げます。

そうなると急激に上がったものだから膵臓は焦ってたくさんのインシュリンを分泌します。

ここが問題になります。

焦ってインシュリンを分泌したものだから分泌しすぎて甘いものを食べる前よりも血糖値が下がってしまうことがあります。

血糖値が下がると血液の中のエネルギーがなくなる訳ですから余計に疲れてしまいます。

 

低血糖になるとアドレナリンの分泌が高まります。

このアドレナリンは興奮した時に分泌される物質です。

アドレナリンの分泌が高まると攻撃的、イライラ、キレやすいといった精神状態になります。

 


 砂糖を取るとキレる?

man-390339_640

砂糖の害2【カルシウム欠乏症その2】で説明したのですが

砂糖を取り過ぎている人は普段ほわーっとしていることが多くなります。

それなのにアドレナリンの分泌が高まるとイライラしたり突然キレたりします。

これって最近の子供に多くないですか?

授業中落ち着いて座っていられない。

突然キレる。

いじめ。

学級崩壊などなど。

これも砂糖の取り過ぎによるカルシウム欠乏症とアドレナリンの分泌による場合もあると考えられます。

 

コンビニ、スーパー、パン屋さんに行っても甘いものが大半を占めています。

コンビニやパン屋さんは甘くないものを探すのが難しいほど。

さらにはスーパーのお惣菜には味付けに砂糖が入っているものがほとんど。

砂糖を取らないようにするには自分でご飯を作るしかないですね。

一人暮らしになって自炊せずに外食、お惣菜を買って食べていると砂糖の摂り過ぎになってしまいますので極力スイーツは買わないようにしましょう。

 

800_2197

また最近の事件では

『あんなことをする人とは思わなかった。』

『いつもはおとなしいのに…』など人格の豹変ぶりがうかがえる事件が多いですよね。

これも砂糖や添加物が関係しているのではないかと考えています。

※添加物に関してはまた記事を改めて書きます。

 

普段ほわーっとしているのに突然イライラする…

この症状…

麻薬と同じです。

砂糖が麻薬と言われる由縁ですね。


 砂糖の摂り過ぎで糖尿病

話を戻しますね。

疲れて甘いものを食べる。

血糖値が急激に上がったから膵臓がびっくりしてインシュリンを分泌しすぎる。

そして血糖値が下がったものだから、また甘いものが欲しくなりまた血糖値が上がったり下がったり…

まるでジェットコースターのようですね(笑)

rollercoaster-156027_640

この上がったり下がったりを繰り返しているとインシュリンを分泌している膵臓が壊れてしまって血糖値を下げることができなくなります。

これが糖尿病です。

糖尿病の症状にケガをするとなかなか治らないという症状があります。

糖尿病の方は我々が治療しても効果が出にくいんですね。

糖尿病と診断されていなくてもやはり砂糖を食べると身体は硬くなります。

当院へ治療に来られる方には砂糖を控えるように説明しているのはこのためです。

ここまで説明することはできないのでこの記事を読んで理解してくれると良いのですが…

そしてまだまだ砂糖の害はあります。

また次回をお楽しみに。

砂糖の害1【カルシウム欠乏症その1】

砂糖の害2【カルシウム欠乏症その2】

砂糖の害3【砂糖は麻薬】

砂糖の害4【免疫力の低下】