ストレートネックとは

ストレートネックとは、頸部への負担が長く継続して続くことで、頭痛やめまい、などの諸症状を引き起こす首の障害です。

ストレートネックとは

ストレートネックについて

名前からも分かるとおり、首がまっすぐになる状態を言います。
人間の首は、本来、さまざまな衝撃から守るため、緩やかにカーブしています。

一方ストレートネックは、首の頚椎の緩やかなカーブがなく、まっすぐに伸びているので、衝撃や負担を緩和できず、諸症状が発生します。
代表的な症状が、肩こりです。

次に手の痺れや頭痛、などの症状が特徴となります。

若い人に急増するストレートネック

スマホを見る若者

そして近年、若い人にストレートネックが急増しています。
その原因として考えられるのが、インターネットの普及です。

スマホやPCなどの急速な進化にともない、自宅でも学校でも駅や電車、あらゆる場所で、インターネットを楽しむことが出来ます。
人によっては、仕事で長時間インターネットを使用する、PCの前から離れない、といった状況もあるでしょう。

それこそが、ストレートネックの大きな要因です。
インターネットを楽しむ際の姿勢は、首をまっすぐに固定し、長時間の負担が継続します。

その結果、首を支える筋肉が凝り固まり、血行不良となり、疲労物質乳酸が蓄積。
疲労が日々積み重なると筋肉の劣化によって、首の湾曲を維持するのが難しくなり、ストレートネックになってしまうのです。

自覚症状のチェック方法

次のような自覚症状は注意しましょう。

  • 肩こりがひどい
  • 時々腕にしびれがある
  • デスクワークが1日に8時間以上ある
  • ゲームやスマホを24時間使っている
  • 猫背を指摘される
  • 偏頭痛がある
  • 首を後ろに倒すと付け根が痛い
  • 鏡のまでまっすぐに立っているつもりだけど首が傾く

などの症状に2つ以上当てはまる場合は要注意、3つ以上の場合は、早急なケアが必要です。

ストレートネックの改善方法

今すぐできる方法としては、生活習慣、またはインターネットを扱う環境の改善が急務です。
まずこれを改善できない限り、整体院等でスペシャルな治療を受けたとしても、また元通りの状態にすぐに戻ってしまいます。

整体院等でストレートネックの治療を受ける以前にできることからスタートしましょう。

 

生活習慣の改善

ヨガ・ストレッチ

運動不足や不良姿勢はストレートネックの根本的な要因となりますので、適度な運動やストレッチは必要不可欠です。
特に日々疲れを感じている場合は、マッサージやストレッチによって、首周りの血行不良を取り除きつつ、疲労を改善できます。

運動が苦手という方は、入浴等で体を温めることで血行を促す事もできます。
さらに、不規則な生活習慣は血行不良からストレートネックになりやすい体質を作ってしまうので、十分な睡眠や食生活にも気をつけましょう。

 

環境の改善

仕事でどうしてもインターネットを長時間使う、という場合は、その環境を整備しましょう。
本来PCの画面は、やや下になければいけません。

さらに、画面と椅子の高さが合わないと、首にかなりの負担をかけることになるので、早めに調整しましょう。
猫背の姿勢で作業をしている場合もストレートネックの危険性が高いので、クッションなどを用いて、姿勢を矯正してあげてください。

また一定時間おきに、休憩をはさみ、首の緊張をほぐすなどの方法で、ストレートネックを予防しましょう。

首の痛み・寝違いについて詳しくはこちら

首の痛み・寝違い

首の痛み・寝違いに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加