肋骨って何本あるか知ってますか?

trex_kokkaku

今日は2人の患者さんが同じ質問をされたので面白いなと思い書いてみます。

質問の内容はこうです。

患者『肋骨ってあんなにあるの?何本あるん(・・?』

という質問です。

診療室に骨格模型があるのですが、その骨格模型を見て肋骨の多さにびっくりしたようです(笑)

肋骨というくらいだから6本だと思ったとか、10本と思ってた、なんて言われていました。

みなさんはどう思われていましたか?

考えたことない?

知ってる?

いろいろとあるでしょうが、実際の肋骨の数って何本でしょうか(^^♪

 

 

 

肋骨は何本あるの?

ウソップも知らなかった肋骨の本数!!

さて肋骨の本数って何本あるんでしょうか?
考えてみましょう。

肋骨の数は…

全部で…

24本です。
以外とありますよね。

この肋骨ってなんのためにあるか分かりますか?
分かりますよね。

肋骨の中には内臓があります。
内臓を守るために肋骨で囲っているんですね。

ただね、肋骨って折れやすいと思いませんか?
これにも意味があるんです。

肋骨は折れやすい⁉

肋骨の画像

肋骨はなぜ折れるのか?

肋骨というのは平べったい骨になります。
そのために折れやすくなています。

これには意味があり、内臓を守るために折れやすくなっています。
肋骨が折れると内臓に刺さりそうで危なさそうですが、なぜ折れやすいんでしょうか?

それは肋骨は折れることによって衝撃を逃がし、内臓に衝撃が直接行かないようにしています。
魚なんかの内臓を触ったことがある方は多いと思いますが、内臓というのは柔らかいです。

交通事故なんかで内臓破裂とかたまに聞くことがありますが、肋骨がないと直接内臓が衝撃を受けるのでまずは内臓を保護する役目があります。

そして肋骨は折れることで衝撃を逃がし、内臓を守っています。
肋骨がもしもガチガチに固まっていたり、弾力がなかったとしたら事故なんかで衝撃が内臓に直接行ってしまうので硬すぎても内臓を傷害しやすくなります。

内臓を守るために肋骨は折れやすい形、強度になっています。
折れたら痛いですが、内臓を守るために身代わりの役目を肋骨はになっているのです。

体の雑学もくろーばーへ

くろーばーはりきゅう整骨院の鎌倉院長

体の勉強になりましたでしょうか?
色々と身体の雑学に関しても持っていますので、なんでも聞いてみてください。

体の雑学も聞いてみてください。
鳴門市の整体・鍼灸ならくろーばーはりきゅう整骨院へご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加