不妊で悩む方に朗報!体外受精よりも妊娠率が高い妊娠方法‼

前回の記事で書いたのですが、体外受精の妊娠する確率はかなり低いものでしたね(;゚Д゚)

前回の記事を見ていない人はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

不妊症の体外受精の確率は何パーセント?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

この前回の記事で少し話が出た体外受精よりも確率の高い妊娠方法についてお話していきます。

それは何か?

考えてみてくださいね。

顕微授精?

これも体外受精の一種なのですが、少し確率が上がるだけですね。

では何か?

ヒントはこの記事に隠されていました。

セックスは週7回しよう!ココロやカラダにとってもいい「9つのメリット」

そうセックスです。

週7セックス

はぁ( ゚Д゚)そんなん当たり前じゃないの( `ー´)ノ

それでできないから悩んでるんだ。バカヤロー‼

なんて声が聞こえてきそうですが、話を聞いてください。

ASRM:アメリカ生殖医学会が調べてたこんな発表がありました。

セックスの頻度でどれくらいの妊娠率があるか?というものです。

1ヵ月毎日セックスをした場合、  37パーセント

1ヵ月隔日でセックスをした場合、33パーセント

1ヵ月週1でセックスをした場合、 15パーセント

月一回のセックスの場合は、パーセンテージが少なすぎてデータが出ない。

というものです。

やはり1回よりも2回、それよりも回数が多ければ妊娠率も上がるということですね。

まあ当然の結果です。

タイミング療法でその日に合わせてセックスをするというのは妊娠する確率というのがとても悪くなるのです。

また男性側からすると気分の乗っていない日に『今日しないとダメだから』なんて強要されたりすると精神的な負担からインポテンツ(以下ED)になることもあります。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

不妊症のカップルで男性がEDになる可能性は高いんですね。

また精子を濃くするために禁欲させるというのもマイナスに働きます。

5日以上の禁欲は、精子の機能を低下させるそうです。

だから男性には生理などでセックスできなくても隠れてでもオナニーしてもらいましょう(笑)

また子宮に関してもそうですが、体の中で使わずに機能があがる器官はありません。

筋肉にしても使わなければ機能は衰えてきますし、脳や内臓にしても使わないと機能が衰えます。

(内臓に関しては現代人は使いすぎていますが(・・;))

子宮も男性器もそうです。

すべての体の器官にいえることですが、使うことで血流がよくなりその機能を十分に発揮できます。

使わないと血流が悪くなり機能は低下していきます。

このことを考えれば毎日するほうが妊娠率も上がるというのは納得できる話ですね。

毎日や隔日のセックスというのは日本人にとって現実的ではないですが、それでもお金も使いませんし、ホルモン剤で生理の周期をコントロールされることもなく、自然な体で妊娠を迎えられる最適な方法だと思いますよ。

セックスすることによってデトックス効果があり、生理痛の改善も期待できますからね。

頻繁にセックスできない場合は体を整えておく必要があります。

それにはくろーばーはりきゅう整骨院の不妊鍼灸や不妊整体が最適でしょう。

もし鳴門市で不妊でお困りなら不妊に対してのしっかりとした知識を持っているくろーばーはりきゅう整骨院へご相談ください。

あなたが笑顔になれる提案をさせていただきます。

e9ccb0f925044f5c65ce5d741ebe3148_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加