針って痛み止めかなんか付いてるんですか?

『針って痛み止めかなんか付いてるんですか?』

患者さんから言われた言葉です。

この患者さんは転倒した時に手をついて手首を負傷しました。

hand

手をつくと手首が痛くて体重を乗せられません。

また手首が痛いために後ろに手をまわしてブラジャーも止めることができません。

そんな痛みの強い手首だったのですが、1回、2回と治療していくごとに痛みがなくなっていきました。

1回目の治療で手も後ろに回るようになったのでこの言葉が出たんですね。

最高の褒め言葉ですね(≧▽≦)

手首の治療にはパイオネックスという小さな貼る針を使います。

この針は長さ0.6mmです。

一ミリも無いんですよ。

たった0.6mmなので痛みもほとんどありません。

この小さな小さな針を使うことによって手首の痛みを早く取り去ることができます。

pionex_14

こんな感じで針が付いていてシールで貼ることができるアイテムですね。

もちろん痛み止めなんかは付いていません(笑)

針には消炎・鎮痛効果があるんですね(^^)

すごいでしょ‼

足首にも効果がありますが足首の場合、手首よりも体重や動作時の負担が大きいので効果が分かりにくい感じはあります。

足首に貼る場合はこんな感じですね。

asinenza1

が、回数を重ねて治療していくことによって固定するよりも早く治すことができます。

またこれにお腹を触り、免疫系に作用させる手技を行うことによってさらに治りを早くすることができます。

RIMG0303

こんな感じで免疫系に作用させます。

手首や足首などの関節の捻挫には絶対的自信(≧▽≦)

捻挫なら鳴門市のくろーばーはりきゅう整骨院へご相談ください。

友だち追加数

lineで友達になってお得な情報をゲットしよう!

予約もこちらで受付中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加